秋のゴキブリ対策でできること

秋

9月、10月になると、少しずつ涼しくなってくる季節ですが、まだいくらか暖かい秋の時期には、まだゴキブリが元気に動き回っています。

冬に備えて、ゴキブリの活動が活発になる時期でもあるんです。

(関連して、「9月のゴキブリ対策」の記事もどうぞ。)

 

ゴキブリにも、季節感が備わっているのでしょうかね?

冬支度をするなんて、意外とまじめですよね。

ゴキブリは寒いところが苦手なので、冬になるとほとんど見なくなります。

秋のゴキブリ対策は意外と重要で、なぜかというと、この時期にゴキブリの侵入と産卵を放置してしまうと、翌年の春に大繁殖してしまうおそれがあるからです。

(関連して、「ゴキブリの通れる隙間はどれくらいか?」の記事もどうぞ。)

今回は、秋のゴキブリ対策について書きたいと思います。

スポンサーリンク

秋は夏よりゴキブリが出てくる?

春夏
春夏

暑い夏のほうが元気になりそうなものですが、「秋頃にゴキブリを家で見た!」という相談が意外と多いのです。

これは、ゴキブリさんは寒くなってくる季節に、あたたかい場所を求めて家の中に入ってくるからです。

寒いのが苦手なので、あたたかそうな家の中に自然と引き寄せられてしまうのですね。

それで、夏にはあまり見なかったのに、秋になって急に出くわしてしまうことがよくあります。

クロゴキブリが迷い込むことが多いですね。

(詳しくは、「ゴキブリにはどんな種類があるの?」の記事もどうぞ。)

体が大きいので、急に見つけるとビックリします。

夜中や、お風呂に入る前に見つけたくないのが正直なところです。

お風呂での記事

寒くなる冬の前に産卵する

冬に備えて交尾をし、産卵するのが秋の時期です。

それで、家の中で見かけるゴキブリは、外から入ってきたばかりかもしれませんが、家の中で産卵して行ってしまう可能性もあります。

目立たないところに卵を生むので見つけにくく、春の時期に幼虫となって出てくるまで気がつかないことさえあります。

卵がかえってしまう前に、部屋の隅や棚の裏をそうじして、ゴキブリの卵を取り除くことができれば、春になってからワーッとゴキブリが出てくるのを防ぐための対策にもなりますよ。

(関連:家具や棚の裏のそうじはゴキブリ対策にもなる

また、家で見つけたゴキブリは、見つけたときに退治してしまうのが、家で繁殖されないようにするのに良い方法です。

ゴキブリの卵についての関連記事

秋にできるゴキブリ対策とは?

ゴキブリを見つけたら、スリッパや新聞紙などでたたく、洗剤や熱湯をかけるほか、殺虫剤となる薬剤を使うこともできます。

叩こうと思ってもよく逃げられてしまう人は、ゴキブリワンプッシュなどのスプレーがあると、逃さずに仕留めやすいと思います。

ゴキブリを見つけたときの関連記事

ゴキブリワンプッシュ

狭いところに入ってしまったゴキブリにも使えます。ワンプッシュでも、効き目は強いです。

ゴキブリが隠れやすい場所

よく見かけるのが、台所、お風呂です。

台所の冷蔵庫の裏などは、見つかりにくいですし、暖かいのでゴキブリに好まれやすい場所です。狭いところ、湿気のあるところ、暗いところなどが大好きです。

(関連:なんでこんなところにゴキブリが?という場所

また、意外と潜んでいるのが庭やベランダの鉢植えの下です。

鉢植えを置くとしても、必要以上にベランダなどにゴキブリが隠れやすいようなものを置いておかないなら、ゴキブリ対策になります。

空のダンボールなどは、ベランダにとっておかないで、出来るだけ早めに処分するのがおすすめです。

ゴキブリが出そうな場所には、ブラックキャップなどの仕掛けを置いておくのも良いでしょう。

ブラックキャップ

仕掛けたエサを食べたゴキブリが、巣に戻ってから薬剤の効果が発揮されます。

まとめ

秋には、けっこうゴキブリが家に侵入してきやすいので、見つけたゴキブリを早めに仕留めることと、侵入されにくい環境づくりをするのがコツです。

また、時々部屋の隅などのゴキブリが隠れたり、卵がありそうな場所をそうじすることも、効果的です。

夏よりかえってゴキブリに出会いやすい時期なので、見つけても慌てず、冷静に対処していきましょうね!

冬のゴキブリ対策の記事

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク